アンティーク古録展【今日の逸品たち】火鉢特集



詳細はこちらから

日本の火鉢の源流は古く 縄文時代には「石囲み炉」という 竪穴式住居内に「炉」を設置し、暖を採っていました。火は暖の他に 灯りであり、調理場でもありました。さらに遡って旧石器時代にも炉は存在していたと思われます。ただし発掘例が少なく 詳細は不明なところが多いのです。弥生時代から古墳時代と流れ古墳時代前期に大変革が起こります。それは「炉」から「竈(かまど)」への移行です。これは諸国からの渡来人によってもたらされたものが、西から東へ伝播していきます。関東では4世紀5世紀ですから、西ではもっと早い段階で竈が普及されていたでしょう。竈には「火の神」がいて、左右の「袖」と呼ばれる壁の中に壊れた土器などが包蔵されていたりします。昔は自然界の出来事全てが説明のつかない不思議であって、それぞれに神を立て祈ったのでしょう。
さて、火の移動は灯明皿あたりから灯りを移動させ、炭持ちで暖を移動させ、そして火鉢という「暖」「灯」「調理」という一石三鳥の古民具が普及されました。
今 当店で目にする火鉢は、明治時代から昭和のものです。簡素な「手あぶり」陶器の火鉢。欅や黒柿 桐や桑という銘木をふんだんに使った贅沢なものまで。
今となっても現役で屋内でも使用可能ですが、換気には要注意ですし、火気には要注意です。そこに置くだけでも絵になる古民具「火鉢」。
ローテーブルに、プランターに、金魚鉢にと アイデア次第で様々な用途に使え、雰囲気を醸し出してくれます。

アンティーク古録展【アンティークSINGER】特集

アンティーク古録展【今週の逸品たち】ケビント 火鉢 自転車屋さんの工具箱など42点出品!

関連記事

  1. ゆらゆらガラスの幅広ショーケース 明治時代

    1月18日発表の和家具アンティーク家具です アンティーク古録展

    今回は12点ほど新商品を発表します。明治時代の布団箪笥、夜具箪笥とも言いますが奥…

  2. 寒い日にはアンティーク火鉢 寒くなくてもディスプレィできます ア…

    今年はまだまだ活躍しそうな火鉢。味わいは現代の暖房器具とは全く違いますね。ディスプ…

  3. アンティーク古録展【新宿出張所】新宿マルイアネックス6階にて

    アンティーク古録展【新宿出張所】1月20日から2月18日までの約1か月新宿マルイ…

  4. 2018 第一回 アンティーク古録展 工房OPEN!

    2018年第一回 工房OPEN! と言っても火曜日以外はOPENしてますが(笑)…

  5. 昭和レトロ氷コップ3種5個セット6000円〈税込・送料別〉

    氷コップ(こおりこっぷ)とは、戦前の日本でよく用いられた、かき氷を主とする氷菓専用のガラス器であ…

  6. アンティークビューロ ライティングデスク/送料別 Lサイズ/大正…

    29800円〈税込・送料別〉詳細はこちらから杢の綺麗なアンティークビューロです。天板の意…

  7. 和アンティーク古録展【工房OPEN特別開催】第5回 3月10・1…

    3月10、11、12日の3日間は「古録展工房OPEN特別開催」です。9日にも和アンテ…

  8. 景色の良い灰釉花瓶と花台のセット/送料別 Eサイズ//K1057…

    【商品説明】灰釉の景色が楽しい壺と花台のセットです。季節の花を活けますと素敵です。 【送料】送…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

骨董品買取中!

無料査定
 
買取対象地域
 
東京・埼玉・神奈川・千葉・栃木・群馬・茨城
PAGE TOP