アンティーク古録展【今日の逸品たち】火鉢特集



詳細はこちらから

日本の火鉢の源流は古く 縄文時代には「石囲み炉」という 竪穴式住居内に「炉」を設置し、暖を採っていました。火は暖の他に 灯りであり、調理場でもありました。さらに遡って旧石器時代にも炉は存在していたと思われます。ただし発掘例が少なく 詳細は不明なところが多いのです。弥生時代から古墳時代と流れ古墳時代前期に大変革が起こります。それは「炉」から「竈(かまど)」への移行です。これは諸国からの渡来人によってもたらされたものが、西から東へ伝播していきます。関東では4世紀5世紀ですから、西ではもっと早い段階で竈が普及されていたでしょう。竈には「火の神」がいて、左右の「袖」と呼ばれる壁の中に壊れた土器などが包蔵されていたりします。昔は自然界の出来事全てが説明のつかない不思議であって、それぞれに神を立て祈ったのでしょう。
さて、火の移動は灯明皿あたりから灯りを移動させ、炭持ちで暖を移動させ、そして火鉢という「暖」「灯」「調理」という一石三鳥の古民具が普及されました。
今 当店で目にする火鉢は、明治時代から昭和のものです。簡素な「手あぶり」陶器の火鉢。欅や黒柿 桐や桑という銘木をふんだんに使った贅沢なものまで。
今となっても現役で屋内でも使用可能ですが、換気には要注意ですし、火気には要注意です。そこに置くだけでも絵になる古民具「火鉢」。
ローテーブルに、プランターに、金魚鉢にと アイデア次第で様々な用途に使え、雰囲気を醸し出してくれます。

アンティーク古録展【アンティークSINGER】特集

アンティーク古録展【今週の逸品たち】ケビント 火鉢 自転車屋さんの工具箱など42点出品!

関連記事

  1. 7月26日 和アンティーク家具38点追加しました!

    アンティーク古録展【今週の新商品追加】は38点!駿河民芸のキャビネットから英国アンティークの…

  2. 家紋の入った明治時代の御櫃古民具外居/送料別 E  サイズ/明治…

    "【商品説明】江戸時代から明治時代の品で、桐の箱に入った…

  3. 月初和アンティーク仕入れ完了いたしました!

    毎月初の和アンティーク仕入れが完了。一部を荷下ろししてホッとしました。写真…

  4. 本日18時まで古録展 工房OPENしています!

    本日は18時まで「工房OPEN」です! 昨日撮影した和アンティークや在庫している…

  5. 妖怪 昭和レトロ 古家具のイベントが新宿マルイアネックスにて

    2018年4月11日~5月7日は 新宿マルイアネックス7階にて 「妖店百貨店&昭和なつ…

  6. 象嵌アンティークガラスの100年物本棚/送料別 H サイズ/大正…

    【商品説明】装飾の象嵌が粋な古い味わいのガラス本棚です。ガラスは後年入れ替えてありますが、そ…

  7. アンティーク古録展 4月26日追加分の和アンティークたちを本日撮…

    和アンティーク古録展では、ほぼ毎週木曜日に和アンティーク新商品を追加しています。まあ たまに…

  8. 妖怪と古家具の摩訶不思議なイベント

    妖店百貨展×アンティーク古録展 新宿マルイアネックス6階にて、本日1月20日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. デザイナーズ 桐材 輪島塗 特注!世界にひとつだけのダイニングセット

骨董品買取中!

無料査定
 
買取対象地域
 
東京・埼玉・神奈川・千葉・栃木・群馬・茨城
PAGE TOP