アンティーク古録展【今日の逸品たち】時代物の下駄箱

下駄箱は読んで字の如く 下駄を収納する箱のこと・・今となっては「靴箱」とか「シューズボックス」など洒落た名称もあるようですが、いまだに「下駄箱」という名は生きています。江戸時代以前 元々庶民の家に下駄箱という概念は無く、履物は玄関の土間に脱ぐものでありました。武家屋敷や銭湯、料理屋など不特定多数の人間が出入りする場所に下駄箱が設置されていたようです。また料亭などでは「下足番」という下駄箱の管理専門の使用人がいて、お客様の履物を上げ下げする職人がおりました。私も一度だけですが、老舗の蹴飛ばし屋(馬肉料理店)で、体験したことがあります。ご高齢な下足番の方が「いらっしゃいませ」と靴を預ける際は、何か申し訳ないような 優越感のような気分になったのを憶えております。
一般的に下駄箱が設置されたのは、明治時代からで、棚のままむき出しのタイプ、蓋が上下に開くタイプ(パタパタ下駄箱)、引き戸が付いているタイプなど 特に後者は、明治時代後半から広まったようで、左右どちらかに雨具を収納するスペースがございます。このタイプは最初から完成されたデザインで、昭和も平成も実用されておりました。
さて、当店で扱う下駄箱は明治時代後期から昭和中期の品となります。昭和も30年代になると裏板にベニヤを採用してきます。戦後間もなくまでは、全て無垢の板で作られています。下駄箱と聞くと、履物を収納していたものですから、汚いイメージがありますが、内部まで高圧洗浄してきれいにしていますので、収納棚として実用することができます。もちろん玄関先に設置しますと、レトロな空間を味わうことができる古家具です。  

詳細はこちらから

アンティーク古録展【今日の逸品たち】レトロ電傘特集

アンティーク古録展 和のアンティーク2月14日出品分 先行お披露目

関連記事

  1. アンティーク古録展【今週の逸品】3月14日

    3月14日 今週の和アンティーク新商品は37点。越後地方の帳場箪笥 水屋箪笥 から始まり 超…

  2. 木製大型船トランク アンティークトランク /送料別 L サイズ/…

    大型の木製船トランクです。あまり市場に出ない木製の大型で、具がゴツゴツしていてとても武骨…

  3. 水車大工が造ったミニチュア水車/送料別 E サイズ/昭和49年/…

    水車を造ってきた大工さんが障害の仕事の集大成に作り上げたミニチュアの水車です。上から放水すれ…

  4. アンティーク古録展 4月11日今週の逸品は35点!

    今週の和アンティークは・・和アンティークと言いながら、欧州ビンテージやアメリカンヴィンテージなど盛…

  5. アンティーク古録展【今週の逸品】秋田木工 寺子屋机など34点

    アンティーク古録展【今週の逸品】和アンティーク新商品34点追加しました。定番の時代箪笥か…

  6. オート三輪 ダイハツのボディに三菱のエンジン 現在不動 書類有 …

    【商品説明】     ★不動三輪車の為 店頭渡し(埼玉県三郷市)のみ   三輪車なので …

  7. アンティーク古録展 和のアンティーク2月14日出品分 先行お披露…

    和アンティーク古録展の店主です。2月14日出品の和アンティークたち、撮影し終えましたので、先行披露…

  8. korokuten アンティーク古録展 今日の逸品たちは ライテ…

    詳細はこちらから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

骨董品買取中!

無料査定
 
買取対象地域
 
東京・埼玉・神奈川・千葉・栃木・群馬・茨城
PAGE TOP