和製アンティークな衣装箪笥

現代は住宅事情もあり、整理箪笥が備え付けられた物件が多いこともあり、あまり衣装箪笥や洋服箪笥を見る機会が減っているようにも思える。
西洋でいうところのチェスト(chest)は、日本において歴史的に以外と浅いモノである。確かに古代より厨子のような収納は貴族階級のみ存在はしていたが、江戸中期まで一般家庭においては、一張羅という言葉があるように替えの衣装を持ち合わせていなかったので、仕舞うという概念も薄かったろう。行李などで充分足りていたようだ。朝鮮通信使の一団が大阪の街を練り歩いた時、その持ち物である李朝家具に目を付けた箱屋がいたそうだ。彼は目で見たイメージを具現化した。引き出しの付いている仕舞える棚である。これが語源で「箪笥」・・引き出せる箱のあるモノ。となったようだ。とは言え、一部古文書に記載されていた逸話で、日本における箪笥の起源は、実のところはハッキリしていない。ただ 戦いの無い江戸時代が安定してモノが増え、仕舞える収納できる家具にニーズが集まったのは事実だろう。アンティーク古録展がご紹介している箪笥は「時代箪笥」と言われる江戸時代から昭和前期くらいの品々である。
浮世絵がお土産物の包み紙として海外流出していったように、箪笥は「重い、大きい、古臭い、邪魔」などと疎まれ、破壊され、数は激減の一途を辿っている。
当時の名もない職人さんが試行錯誤して作った。今の金額に換算すると相当な価格であったろう時代箪笥。
現代において、使い道によっては単に衣装箪笥としてだけでなく、テレビ台や商品陳列台、作業台、下駄箱やテレビ台などなどいろいろと転用できる。それに何といっても今の家具とは違い、一枚の板で作られている魅力。何度も再生できる強み。重ねた時代感の味わい。もうそこには実用品の域を超えて、見せる(ディスプレィ)しただけで、和のアンティークな世界に引き込めるアイテムである。

詳細はこちらから

6月和アンティーク138点追加しました!

和アンティークな帳場箪笥たち

関連記事

  1. 4月度 和アンティーク新入荷品お披露目会「古録展 工房OPEN特…

    今月も和アンティーク達をいっぱいつれてまいりました。昭和レトロ 和アンティーク 和箪笥など…

  2. 昭和30年代初頭に造られた木製冷蔵庫が入荷しました!

    5月13日昭和30年代初頭に造られた木製冷蔵庫が入荷しました!大ぶりで高級材の楢材で構成…

  3. 和アンティークな帳場箪笥たち

    詳細はこちらから詳細はこちらから帳場箪笥・・商家や旅館で帳付けや勘定をする…

  4. 和アンティーク古録展 3月最後の新商品27点

    和 アンティーク 古録展 3月最後の新商品は庄内箪笥から昭和レトロなベンチ戦前の…

  5. 水屋箪笥 アンティークガラスケース/送料別 M サイズ/明治時代…

    アンティーク古録展【今日の逸品】8/25水屋箪笥 アンティークガラスケース/送料別 M …

  6. アンティーク古録展【9月9日】

    本日は18時まで工房OPENしています。 600点のアンティーク和家具と古民具が すべて見…

  7. アンティーク古録展【今週の逸品】蔵から出た時代箪笥たち

    詳細はこちらから毎週 木曜日夕方には新商品を出品しています。さて、今週の逸品は・…

  8. 近江水屋箪笥 4尺水屋箪笥 茶箪笥 /送料別 N サイズ/明治時…

    幅1200mm4尺の近江水屋箪笥です。大き過ぎず小さすぎない絶妙なサイズ感。現代の住宅事情に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

骨董品買取中!

無料査定
 
買取対象地域
 
東京・埼玉・神奈川・千葉・栃木・群馬・茨城
PAGE TOP